fbpx
MENU

INTERVIEW01

一瞬のタイミングを見逃さない。週刊誌編集長と遠近両用メガネ。

お出かけ用(近く重視)を着用
週刊誌編集長 / 51歳

週刊誌編集長の眼鏡ストーリーをご紹介します。仕事のことや、プライベートのことなどさまざまにお伺いするなかで、眼鏡ストーリーが見えてきました。

photo

この記事が参考になったらシェア

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • line

40歳まで裸眼。
48歳から遠近両用メガネを
かけはじめた。

– 裸眼時はどんな状態ですか?

軽い乱視と近視です。メガネをしたら遠くが見えます。

– いつくらいから視力が低下してきましたか?

若い頃は悪くなかったのですが、免許の更新の度にどんどん悪くなり、たまたま友人がメガネ関連の仕事をしていたので、最初は、10年前くらいに、普通の近視のメガネをつかっていました。その後、今から3年くらい前に、手元が楽に見えるように、レンズの下の方に老眼が入った軽い遠近両用メガネ(HOYA製のリマーク)を購入しました。

– 幼少期から目が悪かったですか?

全然悪くなかったです。むしろ目は良い方でした。10年前くらいに、近視のメガネをつくって、それ以前は裸眼でした。
多分、それまでは会社で支給されているパソコンが一人一台じゃなかったのですが、10年くらい前から一人一台になり、パソコンをよく見るようになって、その辺から視力の低下が進んだような気がしますね。

記事の赤入れや芸能人の張り込み中に
不安を感じはじめた。

– 目が悪くなった時に、メガネをかけるということには抵抗はありましたか?

そうですね。最初の近視の時とかは、運転する時以外はかけなかったですね。

– メガネ = 「かっこ悪い」というような抵抗感があったからですか?

かっこわるいとかではなく、煩わしかったです。
30年~40年以上かけずに生活していたので余計なものが乗っている感じだったのでとにかく煩わしかったです。
そのころは仕事柄、現場に出ている時は張り込みが多かったです。カメラマンと一緒に目で確認しなければいけないんですよ。「あれ〜〇〇(芸能人)かな〜?間違いないかな?」というような誰かを特定できなくなった時に、「こりゃまずいな」と思いましたね。カメラマンは、望遠レンズで見るから見えると思うのですが、張り込みの時って、同じ会社の人間でも、カメラマンと自分でどっちが早くみつけるかみたいな空気になりまして。そのため、見えなくなると仕事に支障をきたしてしまうのでメガネが必要だなと思いました。

運転免許を更新できなくなりそうな時に、
メガネ購入を決意。

– メガネがない生活に、我慢の限界がきたのはどのタイミングですか?

ひとつは、免許の更新時ですね。試験が通らなくなってきまして。裸眼は両方0.7あればいいはずなのですが、試験が通らなくなって。こりゃ大変だってことで、メガネを作りました。
私の場合、少し乱視が入っていて、信号の緑色の矢印が比較的近くまで行かないと見えないんですよね。
あとは、仕事で不備を感じ始めた時ですね。私たちの仕事は活字を扱う仕事なので、正確に認識するためにも、メガネを買う決断をしました。

– どのくらいの期間、我慢されていましたか?

一年はなかったと思います。免許更新のタイミングで変えようと思いました。視力検査がギリギリで通った時、免許センターの人に「今回はいいけど、次回はつくってきてください」と言われたのがきっかけですね。

– メガネを買わなきゃと思った時に遠近両用メガネってご存知でしたか?

遠近両用メガネがあることは知っていました。
HOYAのバリラックスって言葉の印象が強かったですね。当時、テレビCMでHOYAのバリラックスが流れていたので知っていました。歌舞伎役者の片岡仁左衛門さんがテレビCMに出ていました印象が強いです。

– それはだいたい何年前くらいでしょうか?

30-40代の時なので、10~20年くらい前ですね。ちょうどHOYAのバリラックスというブランドの時で遠近両用メガネがあることは知っていました。
当時の遠近両用メガネはまだ、レンズに線が入っていたような気がします。現在のような境目がわからないようなレンズではありませんでした。

テレビに流れる速報ニュースも、
手元の資料も瞬時に確認できるようになった。

– 今は現場に出られていますか?

今は、現場には出ず、日中はデスクにいるか、会議室で打ち合わせをしています。

– 仕事をする上で、遠近両用メガネの活躍シーンを教えてください。

ゲラ※を見ている時に、話しかけられたり、打ち合わせの時に、手元の資料を見ながら話したりする時ですね。最近は、会議室でプロジェクターを使って打ち合わせをすることもあるので、映し出された図表などを見ながら手元の資料をみたりする時は便利ですよね。
また、メガネを掛け替えなくていいので、一手間なくなったのは嬉しいです。
あとは、離れた場所のテレビのニュースの速報も、手元の資料も見えるので、素早い判断ができるようになりましたね。

※ゲラ:ゲラ刷りの略称で、端的に言えば試し刷りのこと

– メガネをかけるとかけないとで、見えやすさの違いを教えてください。

手元と遠くを見たときの見え方は全然違いますね。
編集部にあるテレビにニュース速報などが流れるのですが、「事件が起きた」「死刑が執行された」のような速報ニュースは僕らの仕事に直結することなので、速報ニュースが出た時にメガネがないと困るので、メガネは常にかけています。

– 生活をする上で遠近両用メガネの活躍シーンについて教えてください。

仕事以外だと車の運転とか、普段の日常生活でもメガネをかけることが増えましたね。新聞とか、遠くのカレンダーや時計を見るときもそうですね。カーナビと遠くの信号を見る時や道路標識などもメガネをかけないと厳しいですね。

– 職場の同世代の方で遠近両用メガネをかけている方はいらっしゃいますか?

大概は遠近両用メガネをかけていると思います。会社の同僚も絵に書いたように目からできるだけ資料を離して見るような感じだったので、勧めて、遠近両用メガネをつくりに行きましたよ。
同僚も、仕事のゲラを見る時に困っていまして、「知り合いいるからつくる?」ってきいたら即答で「つくりたい」って言っていまして。

– 遠近両用メガネのことを知らない方におすすめした場合、購入に至るケースは多いですか?

多いですね。とくにこの週刊誌では、デスクや編集長の仕事は、紙のゲラを読んで、間違えているところがあったら赤字修正いれるって感じなので、ミスが命取りになり、信用に関わるので、他の仕事に比べるとより遠近両用メガネは必要になると思います。

– みなさん遠近両用メガネのことご存知ですか?

知っていましたよ。レンズがあって、レンズの中で二つに分かれていて、一つのメガネで両方見える役目があることは知っていました。中には、遠近両用メガネ=線が入っていると思っている人も少なからずいそうですね。

– どのような言葉でおすすめしますか?

「ラクになるよ」ですね。僕自身もラクになったので、美味しいお店とかもそうですが、みんながよかったと思ったら口コミは広がりますよね。
やっぱり、普段の仕事で字が読みづらいのは辛いと思います。誤字や脱字は致命的なので、精神的にもきますよね。それがラクになればいいですよね。

– ありがとうございました。