fbpx
MENU
photo

街の眼鏡屋で勇気を出して色々検査してもらったら、老眼の疑問が解消した【寄稿】

2019.08.14

街の眼鏡屋って身近にあるはずなんですが、なんか入りにくいし、大手チェーン店と何が違う?ってなりませんか。今回は、EYELABの眼の健康診断クーポンを使って、無料体験してみました。

この記事が参考になったらシェア

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • line

こんにちは。みなさん、最近ちゃんと見えてますか?私は老眼?なのか夕方くらいに見えにくくなってきてるんですけど、誰に聞いたらわからないんですよね・・・

眼科に行くほどでもないかなぁと思ったり、大手チェーン店さんの店員さん若いし、かといって地元の眼鏡店さんって入りにくい・・・そう、入ったことないからよくわからないんです。

今日はそのあたりを解消すべく、EYELABのクーポンを使って、掲載店の「メガネステージおかざき」さんで眼の健康診断を受けつつ、なんとなく街の眼鏡店に持ってる疑問をぶつけてみました。

こんにちは。佐藤と申します。今日はよろしくお願いします。

こんにちは。岡崎です。今日はこちらこそよろしくお願いします。

このお店は創業されてからどのくらいなんですか?

創業してから3年です。創業してから3年です。僕自身はメガネ業界30年になります。
「楽しいメガネ選び」をテーマにどこか懐かしい、ゆったりとした空間を作りたくて
独立しました。

そうなんですね。いわゆる他の街の眼鏡屋さんも同様ですかね?

一概には言えませんが、街の眼鏡屋さんでも、眼鏡一本のお店もあれば、時計や宝飾が最初のきっかけのお店だったり、いろんな創業ストーリーがありますよ。

確かにお店の名前に「●●時計店」って入ってるけど眼鏡の取り扱いしてるお店見たことがある気がします。

検査スタート

長話もあれなんで、さっそく初めていきましょうか。

はい、よろしくお願いします。って、検査ってこんなにするんですか?時間ってどのくらいかかりますか?

時間としては30〜45分くらいです。人間ドッグに行かれたことはわかるかもしれませんが、人間ドッグの検査項目数も必要最低限な検査項目数から1日かけてじっくり調べるものもありますよね?それと一緒です。本来はじっくりと検査をしていただき、その方にあった眼鏡をご用意させて頂きたいと思っていますが、どうしても店舗によってはお客様もお忙しいということで必要最低限の項目で作成されていらっしゃる場合もありますね。

なるほど。お店のスタンスによりますね。

ライフスタイルチェック・所持眼鏡チェック

もし差し支えなければ、Aさんのお仕事・ご趣味とご年齢を教えてください。

なんかお見合いみたいですね・・・

失礼しました(笑)年収を聞いたりはしませんよ。

ですよね。眼鏡を作るのに関係しますか?

はい、わざと目的はお伝えしませんでしが、実はとっても大切なことなんです。主な機能として眼鏡はものを見るのを補助するわけですが、普段からどの距離を一番ご覧になられているかが大切なんです。「手元が見づらい」と一言でいっても、読書の距離と、PC
の距離と、人によって微妙に距離が違ったりしますし、1つの作業を連続でする方と、PC
作業しながら遠くを見たりすることも多い方にはご提案内容も変わってきます。

なるほど。ついつい手元が見づらいとだけ言ってしまいがちですが、具体的な場面をお伝えしたほうが、自分にあった提案をしてもらえそうですね。

はい、なので、普段のお持ちの眼鏡やコンタクトの情報をお持ちいただけるととても助かります。

裸眼視力チェック

続いて、裸眼視力のチェックしますね。

よく学校でやっていた、右とか左とか当てるやつですか?

ランドルト環というやつですね。ただ、私たちのお店では、こちらの機械で中の画像を見てもらえるだけで視力わかるんですよ。

そうなんですね。

瞳孔間距離チェック

ちょっとこのマシンをおでこにつけてもらえますか?

今度は何ですか?

Aさん、右の顔と左の顔って手で隠すと印象が違うって話を聞いたことありますか?

あ、あります!

顔が違うってことは目も違う可能性が高いってことですよね。左右の動向の高さや幅が同じ人って10%程度って言われてるんですよ。なので、レンズの中心に黒眼が来るようにレンズをちゃんと合わせてあげないとレンズのパフォーマンスが発揮できないんです。

言われてみると納得ですね。

利き目チェック

合わせて、利き目も確認しちゃいましょう。

利き目って利き手とかに使われる利きですか?

はい。そうです。実は人間は両方の目で見てますが、利き手のように「利き目」が存在します。

そうなんですね。どうやって測りますか?

手元で三角形を作って、あの丸丸を見てもらってよいですか?

はいできました。・・・・

左右の度数差がある場合は、利き目に合わせたりします。見え方を検討するときの材料ですね。

寄り目チェック

寄り目チェックもやりましょう!

小学生の頃、寄り目して遊んだことがありますね。

このペンを顔に近づけていきますので、それに視線を合わせてくださいね。

はい。これで何がわかるんですか?

実はこれ、結構大事な力なんですよ。寄り目は近くのものを見るのに大事な力です。近くを見るのが苦手な方はちゃんとメガネで補ってあげないと、疲れ目にも繋がりやすいです。

眼球運動

引き続きこのペンを見てもらってよいでしょうか?

催眠術ですか?

そんなことはないです(笑)次は眼球の動きをチェックしますね。

上下左右に眼球がちゃんと動いているか、目標をしっかりと両目で追えているかチェックします。

隠れ斜位チェック

隠れ斜位をチェックしましょう。

斜位ってそもそも何ですか?それわかると何がいいんでしょう?

これがわかることによって疲れが出やすい眼かどうかチェックします。疲れてくると物がダブって見えたりすることがあります。心当たりがある方は是非一度チェックしてみて欲しいですね。

遠方視力チェック

さて、これからのチェックはもしかしたら多くの方のなじみが深いかもしれませんね。

はい、これは経験ありますね!

B:仮枠というメガネにいろんなレンズを入れて試すことができるので、目の力がどのくらい足りてないか確認していきましょう。まず遠くから見ていきましょう。うん。見えてますね。赤と緑どっちがはっきり見えますか?

緑ですかね・・・って、これすごい気になっていました。何を測ってるんですか?

これは視力や乱視の矯正した状態がお客様にとって最適な状態か確認するための検査なんです。例えば近視(近くが見えにくい)の方の場合、赤が見やすい場合は度数が足りません。緑が見やすい場合は度が強いということになります。

そんなことを確認してたんですね。

どちらも見やすい状態をぜひ見つけて欲しいですね。このバランスが崩れていると眼に負担がかかることになりますので、気をつけてみてください。

謎が1つ解消しました!

近方視力

じゃあ、今度は近方視力チェックをしてみましょう。(HOYAツール使ってるやつ)

これは経験したことないチェックですね。

眼ってもともとは遠くを見るようにできているので、近くを見るようにできていないんですよ。近くを見るときは毛様体筋という筋肉を使って、水晶体というレンズの厚みを調整して手元を見てるんですよ。

知りませんでした。

意外と知られていないんですよね。なので、今みなさんスマホとかを見ることが増えて、いつも筋肉使ってるから疲れやすい生活習慣なんですよね。労ってあげて欲しいですし、手元を楽にするレンズなんかも出来ていますよ。

加えて、最近老眼かも?というご相談が多いんですけど、老眼というのは、簡単に説明すると毛様体筋が衰えてしまったり、水晶体の柔軟性が加齢とともになくなってしまう状態でピント調節ができなくなってしまう症状なんですけど、これは恥ずかしいことではなく、誰しもが通る道なんで、気がついたら早めに相談して欲しいんですよね。

それも知りませんでした。早めに相談することで、なんかメリットありますか?

手元の見え方を楽にするレンズとかもありますし、そういうメガネをかけることで目の負担を軽減することができるんです。あと早い段階からこういうメガネに慣らしておくと、老眼が進行してからもメガネに違和感を感じることが少ないんですが、老眼が進行してからいきなりメガネにすると、酔いを感じたりしてメガネが合わないって方が多いので、そういった点でも早めに相談してもらえると長い目でいいと思います。

メガネってフレームとレンズで構成されているのですが、どうしてもフレームが決め手になっちゃうことが多いんですよね。是非レンズや見え方のことも考えて決めてもらえると嬉しいですし、私たちももっと伝える努力をしなければいけませんね。

コントラストチェック

次はコントラストチェックですね。目の前の薄い文字があるのですが、これ見えますか?

はい、見えます。

次にこのカラーが入ったレンズを通して見てみてください。

くっきり見えますね。これどういう仕組みですか?

このレンズは何の度数も入ってないんですよ。でもはっきり見えますよね?実はよく見えるというのはこれまできた度数だけではないんですよ。見るというのは物の濃淡がしっかり認識できているかにも影響されてますし、大事なんですよ。人には得意な色、苦手な色があるので、それを確認しています。

へー。

もう少しだけうんちくを語ると、レンズの色で目に対する有害な光を吸収してるんです。ショーウインドーや車のフロントグラスの光のギラギラを取り除くことではっきり見えるレンズもあったりします。

私もカラーレンズというかサングラスをいくつか持ってますが、それで大丈夫ですか?

実はカラーといっても、2つに分類されるんですよ。1つはおしゃれのためのカラーと、もう1つは目を守るためのカラーです。
おしゃれのためカラーはあくまでファッションのためなので、上記のような機能はよっぽど色を濃くしない限り、兼ね備えていないので、疲れ目とかを感じやすい方は目を守るためのカラーレンズも検討いただくといいかもしれません。

両目を使う力チェック

この十字を見てください。ちょうど真ん中で十字で重なっていますか?ずれてませんか?

私ちょっとずれて見えるかもしれないんですが、大丈夫ですか?

はい、大丈夫ですよ。多少ずれてるのは問題ありません。もし大きくずれる方はメガネで補正してあげることができます。
この検査では、片目で縦、片目で横の棒を認識していて、真ん中でうまく重なっていれてばよいのですが、ずれてる時は眼の筋力でうまく調整できていない状態なんです。人によっては最初は真ん中で重なっているけど、徐々にずれて見えてしまう人もいます。
ズレが大きいほど疲れやすい眼となりますので、そこはお店の方と相談してくださいね。

締め

本日はありがとうございました。買わなくて大丈夫ですか?

はい大丈夫ですよ。一番大事なことは自分の見え方を意識して欲しいですね。
歯医者なんかも定期検診行かれる方いらっしゃるかと思いますが、見えないところで虫歯進行してたりしますよね。
目も同様に、普段から見てるので、気づかない変化があったりします。是非お気軽に足を運んでみてくださいね。

※お店によってチェックの順番が異なる場合がございます。